だいたい見開き(2ページ)ごとの一言的感想です。手元にジャンプがあれば、追って読んでみてください。

人気投票結果が揺るぎなすぎる…。2位、3位はアニメ効果かも知れないけど、1位のヤツはダントツすぎる…。


不知火不知編の解説は、親切ですね。ナルトとかでも、定期的に欲しいところ。陰険…だと…!?先週感動しまくった俺の気持ちが…。不謹慎だ…。


ふーむ。分家の人の『癒』の字の人は、回復してくれると思うのだけど、その辺りはどうなのだろうか??スキルが効かない言彦が使っている『不可逆』は、スタイルだったりするのかな??


状況の説明はともかくとして、ノートにディフォルメキャラのイラストは何なのか?めだかさんは、イラストも上手かったのか…。『画餅の斧』という表現は、ある表現なのかな??『次元』の説明が分かりやすい。


言葉(スタイル)って、そういう能力だったのか??じゃあ、動物には通じないとか、そんなのあったりして?獅子目の『獅子』が気になるが…。生煮さんのボケには、何か理由があるように思える。


ふーむ。漆黒宴編を読み返さないと、色々と忘れているな…。そもそも病院は、蝶ヶ崎、志布志の両氏が破壊したのじゃなかったっけ?その時、梟博士が死んだ、という話でもないけど…。違う、それは、3年前じゃあないか…。


サブタイトルは、ちゃんと台詞だったか…。今まで設定的には出てきた場所に、実際に、行くのは、初めてじゃないかな?そもそも、人間を完成させる目的の、安心院さん以外の思惑が気になる。


まさかの悪魔。俺が梟博士の立場なら、姉の旦那が他6人とも結婚しているとか、絶対に許せないが…。


なんか、最近のブラック企業とか、パワフル経営者へのアンチテーゼに思える。『鳩』って平和の象徴なんだけどな…。


都城先輩が読み取った『心の闇』は、母親のことだったのかな?めだかさんは、会ってない人だけど…。言彦がどうとかの問題じゃあないような…。お付の2人が、死にそうな気がする…。


なんたる…。それなりに、よろしくやってそうじゃないか…。多分、このダンディは、ダジャレ使い(檻迎)で、そもそも、死んでなかったと予想…。


次号、閉じ込められた不知火に鶴喰梟が語る、その真意とは!?死んでなかったとか、そういうのだと思う。