ジロ・デ・イタリア第16ステージ。
山頂ゴール。


家に帰ってテレビを点けると、CSCを先頭に猛スピードで下っているところ。それほど斜面が急ではないのか、踏んでる踏んでる(^^;


帰宅後のあれこれ(うがい手洗い)を済ませているうちに、タイミングよく登りに入るところ。相変わらずCSCが引いている。一瞬ウルリッヒが前の方に出てきたので、思わずおおおっ!と声を上げてしまったがまもなく沈む(苦笑)。


CSCの引きで暫く登った後、ソニエデュバルのピエポリが猛烈に集団を引き始めた。解説によると「シモーニからペースを上げるよう指示が出た」のではないかとのこと。
そんな駆け引きがなんどか行われた後、ピエポリがシモーニを従えて猛加速。CSCアシスト反応できずバッソ飛び出す。
バッソとシモーニとの一騎打ち。来たよ来たよ来たよ!これが山岳だよ!なんて思っているうちに、それまでずっとシッティングだったバッソがやおらダンシング。見る見るシモーニを引き離してしまった。終わってみればシモーニに約1分半の差を付け、余裕のゴール。


ウルリッヒは先頭から約5分半遅れでのんびり(それでもはやい)ゴール。総合順位を少しだけ上げて、現在37位。


明日も山頂ゴール。コース全長133kmの短いコース。
65km付近(標高560m)から登り始めて
82km ( 1693m) を経由して 96km(1987m)が山頂。
いったん下り基調で 115kmで 1005mまで下った後、
133km(2273m)がゴール。
噂によると、ゴール地点はこんな感じらしい。なに、これ。。。本当にロードのコースでしょうか。。。


http://www.cyclingnews.com/photos.php?id=/photos/2006/news/may06/may16news2/gallery-may16news2




.